活動ブログ

6月28日(木)“活動の原点に戻って…PART:2” 曇り8:20~12:30

参加者:32名 訪問者:6人

  梅雨の晴れ間で高温多湿、じっとしていても汗が噴き出す渓で、14日に続いて中央斜面の整備とカシナガ捕獲調査、貴重な山野草の保護をみんなで行う。生物多様性の森が実現しても、それが何かに役立たねば活動が長続きしない。そんな思いで学習の森、文化の森づくりめざしてさまざまな活動を進めてきたが、なんといっても原点は森の整備である。イベントが一段落したこの時期に“活動の原点に立ち戻って”みんなで整備に励もうと頑張る。

 ハサミ・ノコを用いて慎重に整備を進める傍ら、刈払い機も4台使用し、あらかじめ区域を定めていたのだが、十分な意思疎通と確認を怠って保護すべき山野草を一部刈り取ってしまったので、これからの進め方について話し合い、先ず中央地区について保護マップを作成して認識を共有することにした。

 6月末のカシナガ捕獲調査も行い、この2週間に38,900頭、累計87,800頭を捕獲した。トラップの周囲が明るいほど捕獲数が多いので、その意味でも雑草の除伐は有効である。

 渓を訪れる人が2組6人、3世代の4人は、おばあさんが、夏休みでUSAから帰省した母子を伴ってきてくれた。もう一組はよく渓にきてみんなとすっかりなじみの母子2人で、差し入れのお菓子をいただく。私たちの活動日を覚えて来てくれることが嬉しくみんなで歓迎した。

 

6月21日 陽明小3年生環境体験学習(第1回) 8:10~12:30

(曇り・晴れ)参加者::31名

陽明小児童:48名 校長、担任、教諭 保護者:8名

来訪(視察) 川西市教育長・職員

 

“子どもたちはのびのび 先生は初めての森に緊張して…”

 「この森にきたことある人?」と尋ねると70%ほどがハイ!と手を上げる。体験学習は初めてだが、家族や兄弟、友達と一緒に多くの子らがお花見やコンサートに来てくれていたのだ。みんなニコニコ、瞳がかがやいている。対照的に担任の先生方は初めての森にちょっと緊張気味である。子どもたちは用意したプログラムに従って、おじさんおばさんの指導とアシストを受けながら集中して体験学習に臨んだ。夕刻反省会に学校を訪れると子どもたちの体験記録ができ上がっていて、早速見せていただいた。以下は子どもたちの声(抜粋)である。

 渓を五感でとらえる

「しぜんのにおいがしました。しぜんの音がいろいろ聞こえました。」

「葉っぱが風にゆれる音はきれいな音だと気がついた」

「鳥の鳴き声と風の音、葉っぱのゆれる音、いな川の流れる音…」

「鳥の鳴き声が、こっちおいで!と聞こえました」

渓の自然を見学した

「葉っぱのしめったにおいがそこら中に広まっていました」

「いのししがほったあながあり、びっくりしました」

「見たことがない葉、聞いたことがない鳥の鳴き声…」

「ぼくはヤスデをなんびきみつけたでしょうか?」

「エドヒガンの葉っぱはギザギザでした」

ハサミを使った

「ササを切るとシャキンといい音がなってうれしかった。たにの人はいつもこうやって切っているんだ。」

「ササを切るとき葉っぱの上の方を持って、下(根元)をきりました」

「(腰)ひものむすび方にも、ちゃんと意味があるんだとしりました」

「ササを切ったら(周りが)さいしょよりとても広くなりました」

エドヒガンを植えた

「なえのカップが(土の中で)とけてしまうのがすごい」

「エドヒガンをだいじにうえるのはきんちょうしました。」

「エドヒガンを植えて、とても大切(なこと)なんだということがつたわってきました」

「うえた番号は19です。2学きにまた来るまでおぼえていたい」

 

子どもたちは、自然を五感でとらえて様々なことを学び実践し行動してみるという体験学習の狙いを、そのスタートからしっかり体現しているように見える。反省会の時には先生方も緊張感から解放されて、次回以降の学習にさらなる期待をしておられると感じた。

 

反省会参加者:4名 担任 教頭

 

6月14日(木) 原点に立ち戻る 8:20~12:20

参加者:27名 

梅雨の晴れ間、雲一つない夏空である。中央上部の斜面は“ナラガレのおかげ”で燦々と光が降り注ぐようになった。けれど前年に刈り残した区域はネザサが背丈ほど伸びて薄暗い。今日は活動の原点に立ち戻って、みんなで一斉に雑草の除伐をしようということになった。刈払い機4台をフル稼働して刈り込む区域、ハサミとノコギリを用いて残すべきは残しながら慎重に刈進む区域に分けて取り掛かる。経験の浅い会員にはベテランが横について手ほどきをする。残す樹木、山野草はピンクのリボンをほどこす。すっきりと達成感を味わえるほどの成果を上げ、「やっぱり刈り込むと気分がよいね!」とみんな満足げである。

 カシナガトラップの捕獲調査も行い、後刻の報告によれば新たに3万頭超をとらえたとのこと、先週末に指導員が来てあれこれ注文を付けられたが、私たちのやり方でも十分効果があると判明し安心した。

 会員の2人が、ナラガレで根元を残して枯死したナラガシワを根元から80㎝残して除伐した。「根元から萌芽した数本の新芽が育って“台場ナラガシワ”として蘇ってくれるとうれしいね!」と、みんなで楽しみにしている。

6月7日(木)曇りのち晴れ 8:10~12:20 緑台小3年生環境体験学習

 

参加者:26名 

緑小:児童34名 先生 保護者2名

“スズメバチにハラハラ、子どもたち躍動!”

 近畿地方は昨日梅雨入り、幸いにも早速梅雨の晴れ間にめぐまれるが、渓に入るや直ちに緊張が走る。樹液の甘いにおいが辺りに漂い、そこここのコナラにスズメバチが集まっているではないか。ハチジェットスプレーを手に人知れず緊張しっぱなしの半日であった。

 子どもたちは水鉄砲づくりに興じる。綿密に準備した竹筒(マタケ)押し棒(シノタケ)粘着フェルト・ガーゼ・タコ糸、5種類の材料をおしえに従って組み立て、バスタブの水を吸い上げて勢いよく飛ばしていた。

 別の班はノコギリの実習である。あらかじめ準備した手ごろなリョウブを、2人が組になりおじさんおばさんに見守られてノコで伐ってみる。初めてにしてはきれいに切り落とす子もいてみんな集中して取り組んでいる。切り取ったものを持ち帰りたいという子もいるが、渓の栄養になるので持ち帰りはやめようと教えると素直にうなずく。

 前回植栽した苗木の生長を確認し、増水して石投げができない川に心を残しながら、みんな意気揚々と戻っていった。

 子どもたちが帰った後、環境保全功労・知事表彰を囲んで記念撮影、今まで数々の表彰をいただいてきたが、またひとつ“勲章”が加わった。

 

反省会:渓のサクラ4名と教頭・担任で反省会を行う。次回は10月下旬、ドングリがみのる頃である。

6月5日(火)曇り8:40~15:20 多田中トライやる活動支援

参加者:6名 多田中2年生7名

 

 兵庫県環境保全功労者表彰、授賞式に出席

出席者:5名 渓のサクラを守る会は、兵庫県環境保全功労賞(知事表彰)を受けることになり、5名が参加して井戸知事から表彰状と記念品を受賞した。

5月31日(木) コーヒーブレイクまでが勝負 8:20~12:00 曇りのち雨

参加者:27名  観察者:3人

 昼前から雨降りの予報、湿っぽい空気と濃い緑の渓に、一昨年をピークに減少に転じたササユリがポツリポツリと咲いている。今日の活動は10:30のコーヒーブレイクまでが勝負、ミーテイングは後回しにし、準備体操してすぐ活動を始める。

 ササユリの開花調査によると今年は15輪、一昨年の8分の1にまで減少した。原因はよくわからないが、イノシシの食害か、あるいは心無い人の盗掘か…。開花したものはピンクが多いようだ。

(写真は保護のための標識立て)

 カシナガの捕獲調査(第2回)を行う。2班編成で行い12,500頭の捕獲が確認された。累計16,650頭になりこの時期としては多いようだ。コナラ・クヌギ・アラカシ・ナラガシワ・マテバシイが合わせて100本ほど枯れたので、ピークは過ぎたのではないかと思われるが捕獲対策を続ける。

 ナラガレで明るくなった中央斜面に自生するエドヒガンの生長が著しい。陽射しが少ないので、辛うじて命をつないでいた幼木が“よし、俺の時代が来た!”と喜びの声を上げているように見える。大切に生長を見守りたい。

 

5月21~25日 トライやるウィーク活動

“疲れた…でも楽しかった!

トライやるウィーク活動”

参加者(木曜活動日参加者を含む):73名  

(月)10(火)8(水)5(木)4(金)6人、延べ33人が1週間のトライやるウィーク活動を頑張った(うち5日間通しは4名)。

対応した会員は45名、うち5日間皆出席でお世話したのは5名、雨は1日のみで、他はさわやかな五月晴れに恵まれて、当初計画したスケジュールを100%実施することができた。生徒も会員も最終日はヘトヘトに疲れたけれど、子どもたちの笑顔と頑張りに支えられて、厳しくも楽しい1週間であった。

(月) 植栽エドヒガン周囲の除草、遊歩道階段の作り直し

(火) 猪名川端の除草とタケの根起こし、シノタケの保護活動

(水) 植栽エドヒガンの毎木調査,樹径生長をグラフ化し観察と考察

(木) ナラガレ高木3本除伐し片付け、猪名川流水のポンプアップと水やり

(金) エドヒガンの生育を学ぶ、苗木の支柱づくり、種採集、保護(ササ除去)

 中身の濃い上記メニューを一所懸命にやり遂げようと頑張る生徒たちに引きずられるように、おじィさんおばァさんも懸命に“模範演技”を続けた。最終日の午後3時過ぎ、サヨナラの挨拶をして入口まで一緒に戻ったが、子どもたちははしゃいでなかなか立ち去る気配がない。やっぱり楽しかったんだなあと、見ていてとてもうれしい気分であった。だが、1週間通しは“老いのみ”にはかなりきついのも確か、果たしてこの先何年受け入れ続けることができるだろうか…考えさせる1週間でもあった。

 

木曜日定例活動は、ササユリ・イチヤクソウ・ツルニンジン・ジガバチソウ・ヒヨドリバナ・ヤマジノホトトギス等々大切な山野草の確認と保護、刈払い機を使って入口斜面や中央・南川沿いの道除草、苗畑の整備等を行う。

 

5月17日(木) 晴れ 8:20~12:30

参加者:25名  来訪者:風穴さん(写真家)

 今日もやるべきことが目白押し、6~7カ所に分かれて活動する。先ずカシナガの捕獲数調査、今シーズン初めてである。昨年とほぼ同数のトラップにエタノールの仕掛けを施して約1か月が経過している。中央の川沿いから入口まで50m以上の標高差に点在するトラップの全数調査は骨の折れる仕事で新人を含め5名で取り組み、すこし“居残り”作業になったが全数調査を完了してくれた。後刻頂いた報告では4150頭を捕獲したとのこと。

 男子トイレの補修を始める。冬に除伐したマタケを切りそろえてナタで割り朽ちてきたタケと差し替える。子どもたちに機嫌よく使用してもらうために…きめのこまやかな心配りである。

 トライやるウィーク活動でエドヒガン若木の毎木調査を行うため、木の周囲や作業道の除草を行う。(写真)菜花の斜面と炭窯周辺を手作業と刈払い機で行った。その他菜種の採集、雨で活用できなかったステージの片付け、体験学習に備えてソヨゴ数本の伐採を行う。

5月13日(日) 森のコンサート(於:緑台小体育館) 雨

渓のサクラ、会場設営協力者:20名 

出演者:60名 一般聴衆:170人

“新緑に包まれた気分で、森のコンサート”

前日の15:00、緑台小の校長、教頭にお願いし、体育館でのコンサートを決定した。両先生は快く了解いただき「精一杯協力します。よいコンサートにしましょう!」と、励まして下さった。はたして当日朝から降り出した雨はだんだん強くなりお昼ごろには土砂降りになった。会場を設営しながら、こんな状況では一般聴衆はほとんど来ないのではないかと思ったが、用意した2百数十席は全部埋まり静かな熱気に包まれて第6回森のコンサートが始まる。

地元多田GHはじめ大和や藤が丘などのハンドベル・コーラスグループ、そして小学生・中学生3名のソロとつづいて会場は大きな声援と拍手で盛り上がっていく。後半は川西音楽家協会のアンサンブル・ローザ4名の皆さんによるケーナ・フルート・ピアノ・アンサンブルのすばらしい“音の調べ”に酔いしれて90分は瞬く間に過ぎた。

コンサートはハンドベルの「ふるさと」に始まり、聴衆・出演者みんなで歌う「ふるさと」でお開きになった。取材に訪れた川西市広報の横田さんは

「記事の見出しは、“新緑に囲まれた気分で、森のコンサート”にしますよ。いいでしょう?!」なるほど会場の熱気は確かにそんな気分、でもやっぱりエドヒガンの森の、新緑に包まれてやりたかったなぁ…。

5月10日(木) 緑の渓に“千客万来” 8:20~12:30 曇り

緑台小3年生環境体験学習 

松風幼稚園児渓の散歩

参加者:37名 緑小:児童35名 教頭 担任

先生 保護者3名 松風幼稚園:園児9名 先生4名 緑台中2年生(トライやる事前訪問)4名

安藤さん(アンサンブル・ローザ) チェリーズ(ハンドベルのリハーサル)11名

 

 森のコンサートを三日後にひかえ緑鮮やかな渓へ、今日は大勢の仲間と来客が集ってにぎやかな活動日になった。9:15に緑台小児童、10:00に松風さん、11:00にコンサートのコーディネーター:安藤さんが、そして13:50には緑台中2年生がトライやる活動の事前訪問に、14:45にはチェリーズがハンドベルのリハにと、朝から夕方まで来場者が途切れなくつづいた。

 体験学習の緑小児童は初めての渓を見学し、エドヒガンの苗木を畑に植える活動とハサミでササを刈って整備する練習を行った。今年の3年生は元気で明るく素直な子どもたちばかりで、集中して取り組むことができおじさんおばさんを感心させた。

 松風さんは9人の幼児が先生と一緒に渓を散歩、猪名川の増水で砂場に下りて水遊びや石投げを楽しむことができなかったが、Oさんが作ったドングリのペンダントをもらってニコニコ顔、「秋にまた来るね!」と指切りして帰った。

 その傍らでコンサート舞台の準備も滞りなく終わり、下見に来た安藤さんも「素晴らしいステージを準備してもらってありがとう、みんな喜ぶと思います。アンサンブル・ローザも新緑に負けないよう鮮やかなドレスを用意しましたよ!」と。

心配は13日(日)のお天気のみである。どうぞよい日になりますように…。

体験学習反省会:先生と3Nで17:00から反省会を行う。早速子どもたちが作った“渓の活動まとめ”を見せてもらい、子どもたちが生き生きと活動した様子の一端に触れてうれしく思う。次回は水鉄砲づくりとノコギリの実習を行う。