活動ブログ

3月16日~21日 エドヒガン公開準備、着々と進む

3月16日~21日 参加者:34名

16日(土)17名 18日(月)6名 

21日(木)雨のち曇り 11名 

来訪者:北摂里山、関西TV

 

3月27日~4月7日の公開に向かって連日のように仲間が渓に集まりいろいろな準備に汗を流す。

 16日(土)は2回目の“対岸ごみ拾い”を行いプラスチックごみ、粗大ごみを回収する傍ら、“投機抑制”を目的に少し下流の竹除伐を行う。おかげでつかの間とは言えピカピカの対岸になった。

 18日(月)は有志で、南炭窯周囲の整備と通路の補修を行い植栽したエドヒガンがくっきりと姿を現した。樹名板の“お色直し”も始める。

 21日(木)は定例活動日、雨で中止にしたが小止みになると次々と仲間が集まり、やり残した仕事を思い思いに片づけていく。完璧を求めればきりがないが来訪者が気持ちよく見学してくれるように“おもてなし”精神に燃えているのだと思う。北摂里山博物館さんが新年度の魅力づくり事業について説明に来てくれた。また、関西TVが番組報道の下見に来てくれる。皆さんに注目していただいていることを励みにして、お花見を成功に導きたい。

 20日に植樹No43が開花した。21日には午前に植樹No44、午後に植樹No98が開花した。例年とほぼ同時であり、見ごろは3月30~4月3日ごろではないだろうか。楽しみである。

3月14日(木) 緑台小3年生ペンダント授与 曇り(雪ちらちら)のち晴れ 8:10~12:50

 

参加者:37名:(新入も)

サクラ園整備:6名 

緑台小児童:34名 校長、担任 保護者:3名

 朝の渓は寒のもどりか1℃、雪がちらちらと舞っている。環境体験学習も今年度最終になり,子供たちを待ち受けるのはいつものメンバーに加えサクラ園整備有志のみなさん、新入会のTさんと、寒さを吹き飛ばす大賑わいである。

 今日のプログラムはセレモニー主体のいつもと違い、子供たちの発案で渓の整備をもっとやりたいと、ハサミ班とノコギリ班に分かれて活動した。ハサミ班は丘の上、ササユリの群生地辺りに生い茂っているササを刈る。おじさんおばさんとお話ししながら実に楽しそうに刈り込んでいる。ノコギリ班は枯れ落ちた枝を短く切って片付ける作業、ポカポカ差し込む日差しを体いっぱいに浴びて楽しそうにノコを引いている。少しでも渓の整備に役立ちたいという子供たちの思いに胸が熱くなる。

 セレモニーはいつも通り楽しく進み、そのあと子供たちは渓でお弁当をいただいた。おじさんおばさんもおにぎりでお付き合い、エドヒガンもそんな心温まる交流のひと時を楽しく見下ろしているに違いない。

3月8日(金)松風幼稚園児、渓のお散歩 晴れ 9:40~12:00

 

松風園児:10名 先生3名 

渓のサクラを守る会:5名 

 昨日に予定した松風さんのお散歩であったが,お天気がはっきりしなくて順延したおかげで、とても良いお天気に恵まれて本当によかった。

 松風幼稚園児のお散歩は今回でピリオドが打たれる。H27年11月に初めてきて以来,毎年2~3回かわいいお散歩のお付き合いをして、私たちも楽しい思いをさせてもらったのだが、多田グリーンハイツ高齢化の波を受けて幼児が減少し続け,ついに閉園になる。淋しい思いでいっぱいです。

 いつものように渓をお散歩し、大岩にのぼり、川で石投げ・砂遊びを楽しみ、お弁当をいただき、折戸さん手製のペンダントを首にかけてもらって、元気よく帰っていった。

3月7日(木)陽明小3年生ペンダント授与式 曇り 8:10~12:20

参加者:28名 

陽明小3年生児童47名 校長、担任、先生

保護者:8名

 今日はこの子たちの体験学習最終日、1年間の頑張りをたたえてペンダントを授与する。九十九折の坂を下ってくる子供たちの声が、いつもに増して明るくはじけて、渓に響き渡る。

 ボランティア大先輩のUさんから“渓のサクラは森も学校”のお話を聞く。「この渓にはエドヒガンはじめ6種類も野生のサクラがあり、咲く時期や咲き方が異なるので3月下旬から5月上旬まで楽しむことができます。花の蜜めがけて小鳥もたくさんやってくるし、アマガエルや虫たちも多くみられるよ。ここは森の学校、これからも森を大切にして観察を続けてください」心を込めたお話に静かに耳を傾ける。

 渓を見学し、猪名川で石投げに興じる。子どもたちにとって川はまたとない遊び場であり、学びの場でもある。もっと清らかで豊かな川になってほしい。広場では6班に分かれ、おじさんおばさんと輪になって、1年間学んだこと、心に残ったことなどを発表し、お話し合いをした。一所懸命に発表する子供たちと、目を細めて聞き入るおじさんおばさんと心の交流が深まる。春休みには,いただいたフクロウのペンダントを胸にかけてお花見に来るよと約束し、握手を交わして帰っていった。

2月21日(木) 緑台小4年生のエドヒガン植樹活動 曇り 8:20~12:00

 

参加者:34名 

緑台小 児童73名、教頭・担任

 

 緑台小4年生が、一年ぶりにやってきた。渓の活動にふさわしい“マモルくんの服装:帽子・首巻・長袖長ズボン・手袋・底厚シューズ”にしっかり身なりを整えている。見守る私たちには一段と成長した姿がまぶしい。

 先ず、エドヒガン2本をクラス別に南斜面に植樹する。私たちがイバラを除去し、作業道と階段をつくり、穴を孔って準備万端整えた斜面に、子供たちは苗木を運び上げ、植えつけて土を入れ、根の周りをしっかり踏み固めて水やり、教えられた手順で無事活動を完了した。

 その後は、久しぶりの渓を楽しむ。明るく整備したまち山をめぐり、エドヒガン群落や先輩たちが植えた若木の生長を観察した。

 猪名川に降りて、しばし石投げに興じ、お礼の歌声を渓に響き渡らせ、春休みには家族とお花見にくることを約束してくれた。

 ユキワリイチゲが咲き始めた。春はもうそこまで来ている。

2月16日(土) 猪名川クリーン作戦(ゴミ回収) 曇り 8:30~12:50

参加者:43名 渓のサクラ22名

当日の一般参加者:21名 

 “みんなで拾った、猪名川のゴミ150袋!”

 猪名川流域で一斉に行う年中行事のクリーン作戦、今年も会員22名と、かけつけた21名の市民皆さんが力を合わせクリーンアップに取り組んだ。参加者は活動地側と対岸に分かれて、流れ着いたゴミや対岸の県道から投げ込まれたゴミを回収する。体験学習に来ている緑小3年生とお母さん、コミュニティ青年部、体育部有志のみなさん、市議、一般参加者など老若男女が、渓のサクラ会員のリードでひたすらゴミを拾った。

 活動地側、中央エリアは環境学習の子どもたちによって回収が終わっているが、南エリアの川沿い100mは手つかずで、夥しい漂着ゴミが散乱している。粗大ゴミも多く苦労する場面もあったが、大人数のおかげでほどなく回収し尽してスッキリ、本来の景観を回復した。

 昨年監視カメラが設置された対岸は、監視の届く範囲には少ないが、少し下流の竹藪には多量のゴミが投げ込まれ、かえって回収に手間取ることとなった。それでもコミュニティ青年部の“若者”が大汗を流して回収に努めてくれ、予定を1時間過ぎた12時ごろ、藪の中はほぼ回収し尽した。

 活動地側からゴミをロープで渡す作業、渡したごみを道路に引き上げる作業などの力仕事、みんなの力を結集して前年を上回る150袋分を回収した。あずまやでは、活動で疲れたみなさんに“豆乳甘酒”がふるまわれて、しばし談笑し感謝!感謝!の内に活動を終了した。

2月14日(木) 新しい1ページ? 曇り・晴れ 8:20~12:30

参加者:37名 渓のサクラ:30名

6丁目サクラ園共同作業参加者:7名 

訪問者:2名 

 

 今日、2月14日は渓のサクラを守る会の新しい1ページを開く日になるかもしれない。緑台6丁目の梅村さんらママ友4名が渓に下りて来てくれた。このママたちは、数年前の環境体験学習に保護者として数回参加した人たちである。昨年秋から6丁目サクラ園の整備をご一緒にと近隣に呼びかけていたが、ここに来てやっと実を結び始めた。会員といっしょに体操し、しばらくお話し合いしてサクラ園の整備に向かったママたち、現地で会員の手ほどきを受けて汗を流してくれた。将来“渓のサクラ-ママの会”が誕生することを楽しみにして温かく見守りたい。

 春の一般公開の日程を、3月27日(水)から4月7日(日)の12日間とすることに決めた。人間おかしなもので、はっきり決まると途端にそれに向かって準備を急ぎ始める。今年もエドヒガンがさらに増して見事に開花するよう祈りながら、あちこちで公開に向けて整備を始めた。まず手始めに通路近くの枯れたアカマツを2本、チェンソーで倒した。通路の刈込や階段の修理、中央“築山”整備の仕上げ等々…。

 併せて明後16日に行う猪名川クリーン作戦の準備も怠りなく進め、それやこれやで楽しく忙しい一日であった。

2月7日(木) 子どもたちと市長がエドヒガンを植樹 8:00~12:40

参加者:35名 陽明小 児童55名 教頭・担任、

先生、保護者:4名

 

陽明小4年生エドヒガン植樹活動

エドヒガンの植樹を楽しみにしていた越田市長が、陽小4年生の植樹日に日程を合わせてくれて、今日は一段と賑やかな体験活動日となる。管轄の公園・緑地課や広報さんも駆けつけてくれた。

 1年ぶりにやってきた子どもたち、なかには帽子や軍手を忘れてきた子もいるが、ほとんどは服装をしっかり整えている。エドヒガンの植樹法を学んだ後、久しぶりの渓を散策した。

 子どもたちは南の斜面で越田市長と合流して、先ず市長の植樹をお手伝いする。市長が植えたエドヒガンの根元に、55名がショベルで一掬いずつ土入れした。そのあとはクラスごとに苗を担ぎ上げ、おじさんの介添えで自分たちのエドヒガンを植え、みんなで記念写真に納まって無事植栽を終えた。

 越田市長のお願い「守る会のみなさんが整備した素晴らしい自然がこんな身近にあることに感謝して、この渓を長く守り続ける活動にみんなも参加してほしい。エドヒガン、しっかり見守りしてくださいね」を聞き、おじさんおばさんに歌をプレゼントして渓を後にした。渓に響き渡るコーラスはきっとエドヒガンの花芽を膨らませてくれるに違いない。

2月1日(金) 陽明小3年生体験学習 曇りのち晴れ 8:20~12:40

 

参加者:27名 

陽明小3年生児童46名 校長・教諭 保護者5名

 雨で順延の体験学習、早朝は小雪がちらつき肌寒い曇り空であったが、子どもたちが渓に下りてくる頃にはお日さまが顔をのぞかせ、10時ごろには青空が渓いっぱいに広がる。順延でいつもより10名ほど少ない参加者をあれこれやりくりして学習を始める。

ササ刈は上部斜面、先ずハサミの持ち方、腰ひものむすび方をおさらいする。そのあと、3~4人毎に分かれ、おじさんおばさんに見守られながら斜面に入ってチョキチョキとササを切り始める。最初は寒さに肩をすぼめていた子らもすぐにエンジンがかかり「これはササやネ?」「オッチャン、こんなに長いのが切れたよ!」「これ、なんの木?なんで残しておくの?」おしゃべりや質問をしながら少しずつ刈広げていく。今はちょうど芽吹きの季節、クロモジやモチツツジの枝を観察して「これが花の芽、これは葉っぱの芽だよ」と教えてもらう。刈り終わった斜面を見下ろして「明るくなった、すっきりした!」と達成感を味わい、ハサミの手入れを入念に行った。

エドヒガンの調査は、長さをメジャーで測る勉強を終えたばかりの子どもたちにはとても良い実地訓練になったようだ。植物が生長するには生育条件が大切なことも、目と耳と手で確認することができた。

締めくくりはみんなで猪名川の漂着ゴミ拾い、おじさんおばさんに見守られながら川沿いにゴミを拾い集める。集めたゴミは分別して袋に詰め、対岸の旧道まで川の上をロープで渡す。今日はそのロープ引きを手伝い「それ引け!」の合図で“ワッショイ、ワッショイ!”と力を合わせて引っ張った。

1月24日(木)年明けから大わらわ 晴れ 8:20~12:30

参加者:37名

 年明け以来参加者が毎回30名を超え、今日は通常の活動日にも拘らず37名と多数参加の下で活動した。渓の日の出は8:28、気温は2℃、ときおり小雪がチラつき体感温度を低く感じる朝だ。

 来週から子どもたちの学習が連続するので今日はその準備に大わらわである。先ずナバナの斜面、エドヒガンの植栽活動を控えて階段を仕上げようと、丸太を運び、杭を打ち、土を踏みしめて、1段1段前進を重ねる。

 猪名川の川渕ではゴミ拾いを安全に行うため、川沿いの作業道整備、刈払い木で茂ったネザサを刈り増水で崩れた階段を補修する。ごみ渡し場の補修も仕上げのカスガイ打ちを行う。

 エドヒガンの苗床では植樹用苗の根回しに余念がない。当日に掘り起こすよりもあらかじめ根切りをして根回しし植え戻しておくと、苗の活着がよくなるというTさんの知見に従って進める。今回は4本である。

 あずまやではペンダントの作成作業、ほぼ出来上がったペンダントにリリアーン(首紐)をつけ、ひとり一人の名前に間違いがないか徹底確認してもらう。それやこれや、今日はいろいろな仕上げ作業にみんなで楽しく取り組んだ。