多田グリーンハイツと猪名川の間の斜面に群生するサクラは多くの市民に知られていたものの、照葉樹やツルに被われ悲鳴を上げていました。

私たちはH19年秋から調査を始め、翌年6月に渓のサクラを守る会を結成。エドヒガンザクラの保護活動を始めました。

思いを同じくする市民皆さんが集い、素晴らしい渓の景観を夢見ながら明るく楽しく活動を続けています。

水明台・渓のサクラ 活動を伝える写真庫は「写真アーカイブサイト」直近のブログは「活動ブログ」へ 

渓のサクラを守る会(活動ブログ)

6月28日(木)“活動の原点に戻って…PART:2” 曇り8:20~12:30

参加者:32名 訪問者:6人

  梅雨の晴れ間で高温多湿、じっとしていても汗が噴き出す渓で、14日に続いて中央斜面の整備とカシナガ捕獲調査、貴重な山野草の保護をみんなで行う。生物多様性の森が実現しても、それが何かに役立たねば活動が長続きしない。そんな思いで学習の森、文化の森づくりめざしてさまざまな活動を進めてきたが、なんといっても原点は森の整備である。イベントが一段落したこの時期に“活動の原点に立ち戻って”みんなで整備に励もうと頑張る。

 ハサミ・ノコを用いて慎重に整備を進める傍ら、刈払い機も4台使用し、あらかじめ区域を定めていたのだが、十分な意思疎通と確認を怠って保護すべき山野草を一部刈り取ってしまったので、これからの進め方について話し合い、先ず中央地区について保護マップを作成して認識を共有することにした。

 6月末のカシナガ捕獲調査も行い、この2週間に38,900頭、累計87,800頭を捕獲した。トラップの周囲が明るいほど捕獲数が多いので、その意味でも雑草の除伐は有効である。

 渓を訪れる人が2組6人、3世代の4人は、おばあさんが、夏休みでUSAから帰省した母子を伴ってきてくれた。もう一組はよく渓にきてみんなとすっかりなじみの母子2人で、差し入れのお菓子をいただく。私たちの活動日を覚えて来てくれることが嬉しくみんなで歓迎した。

 

6月21日 陽明小3年生環境体験学習(第1回) 8:10~12:30

(曇り・晴れ)参加者::31名

陽明小児童:48名 校長、担任、教諭 保護者:8名

来訪(視察) 川西市教育長・職員

 

“子どもたちはのびのび 先生は初めての森に緊張して…”

 「この森にきたことある人?」と尋ねると70%ほどがハイ!と手を上げる。体験学習は初めてだが、家族や兄弟、友達と一緒に多くの子らがお花見やコンサートに来てくれていたのだ。みんなニコニコ、瞳がかがやいている。対照的に担任の先生方は初めての森にちょっと緊張気味である。子どもたちは用意したプログラムに従って、おじさんおばさんの指導とアシストを受けながら集中して体験学習に臨んだ。夕刻反省会に学校を訪れると子どもたちの体験記録ができ上がっていて、早速見せていただいた。以下は子どもたちの声(抜粋)である。

 渓を五感でとらえる

「しぜんのにおいがしました。しぜんの音がいろいろ聞こえました。」

「葉っぱが風にゆれる音はきれいな音だと気がついた」

「鳥の鳴き声と風の音、葉っぱのゆれる音、いな川の流れる音…」

「鳥の鳴き声が、こっちおいで!と聞こえました」

渓の自然を見学した

「葉っぱのしめったにおいがそこら中に広まっていました」

「いのししがほったあながあり、びっくりしました」

「見たことがない葉、聞いたことがない鳥の鳴き声…」

「ぼくはヤスデをなんびきみつけたでしょうか?」

「エドヒガンの葉っぱはギザギザでした」

ハサミを使った

「ササを切るとシャキンといい音がなってうれしかった。たにの人はいつもこうやって切っているんだ。」

「ササを切るとき葉っぱの上の方を持って、下(根元)をきりました」

「(腰)ひものむすび方にも、ちゃんと意味があるんだとしりました」

「ササを切ったら(周りが)さいしょよりとても広くなりました」

エドヒガンを植えた

「なえのカップが(土の中で)とけてしまうのがすごい」

「エドヒガンをだいじにうえるのはきんちょうしました。」

「エドヒガンを植えて、とても大切(なこと)なんだということがつたわってきました」

「うえた番号は19です。2学きにまた来るまでおぼえていたい」

 

子どもたちは、自然を五感でとらえて様々なことを学び実践し行動してみるという体験学習の狙いを、そのスタートからしっかり体現しているように見える。反省会の時には先生方も緊張感から解放されて、次回以降の学習にさらなる期待をしておられると感じた。

 

反省会参加者:4名 担任 教頭

 

6月14日(木) 原点に立ち戻る 8:20~12:20

参加者:27名 

梅雨の晴れ間、雲一つない夏空である。中央上部の斜面は“ナラガレのおかげ”で燦々と光が降り注ぐようになった。けれど前年に刈り残した区域はネザサが背丈ほど伸びて薄暗い。今日は活動の原点に立ち戻って、みんなで一斉に雑草の除伐をしようということになった。刈払い機4台をフル稼働して刈り込む区域、ハサミとノコギリを用いて残すべきは残しながら慎重に刈進む区域に分けて取り掛かる。経験の浅い会員にはベテランが横について手ほどきをする。残す樹木、山野草はピンクのリボンをほどこす。すっきりと達成感を味わえるほどの成果を上げ、「やっぱり刈り込むと気分がよいね!」とみんな満足げである。

 カシナガトラップの捕獲調査も行い、後刻の報告によれば新たに3万頭超をとらえたとのこと、先週末に指導員が来てあれこれ注文を付けられたが、私たちのやり方でも十分効果があると判明し安心した。

 会員の2人が、ナラガレで根元を残して枯死したナラガシワを根元から80㎝残して除伐した。「根元から萌芽した数本の新芽が育って“台場ナラガシワ”として蘇ってくれるとうれしいね!」と、みんなで楽しみにしている。

4月2日(月) 井戸知事来訪されました


昨年より11日早く満開(3月30日(金))


渓のサクラを守る会の「活動と感動」が詰まっている写真アーカイブサイトは

◀こちら!



昨年5月15日の森のコンサート