多田グリーンハイツと猪名川の間の斜面に群生するサクラは多くの市民に知られていたものの、照葉樹やツルに被われ悲鳴を上げていました。

私たちはH19年秋から調査を始め、翌年6月に渓のサクラを守る会を結成。エドヒガンザクラの保護活動を始めました。

思いを同じくする市民皆さんが集い、素晴らしい渓の景観を夢見ながら明るく楽しく活動を続けています。

水明台・渓のサクラ 活動を伝える写真庫は「写真アーカイブサイト」直近のブログは「活動ブログ」へ 

渓のサクラを守る会(活動ブログ)

3月16日~21日 エドヒガン公開準備、着々と進む

3月16日~21日 参加者:34名

16日(土)17名 18日(月)6名 

21日(木)雨のち曇り 11名 

来訪者:北摂里山、関西TV

 

3月27日~4月7日の公開に向かって連日のように仲間が渓に集まりいろいろな準備に汗を流す。

 16日(土)は2回目の“対岸ごみ拾い”を行いプラスチックごみ、粗大ごみを回収する傍ら、“投機抑制”を目的に少し下流の竹除伐を行う。おかげでつかの間とは言えピカピカの対岸になった。

 18日(月)は有志で、南炭窯周囲の整備と通路の補修を行い植栽したエドヒガンがくっきりと姿を現した。樹名板の“お色直し”も始める。

 21日(木)は定例活動日、雨で中止にしたが小止みになると次々と仲間が集まり、やり残した仕事を思い思いに片づけていく。完璧を求めればきりがないが来訪者が気持ちよく見学してくれるように“おもてなし”精神に燃えているのだと思う。北摂里山博物館さんが新年度の魅力づくり事業について説明に来てくれた。また、関西TVが番組報道の下見に来てくれる。皆さんに注目していただいていることを励みにして、お花見を成功に導きたい。

 20日に植樹No43が開花した。21日には午前に植樹No44、午後に植樹No98が開花した。例年とほぼ同時であり、見ごろは3月30~4月3日ごろではないだろうか。楽しみである。

3月14日(木) 緑台小3年生ペンダント授与 曇り(雪ちらちら)のち晴れ 8:10~12:50

 

参加者:37名:(新入も)

サクラ園整備:6名 

緑台小児童:34名 校長、担任 保護者:3名

 朝の渓は寒のもどりか1℃、雪がちらちらと舞っている。環境体験学習も今年度最終になり,子供たちを待ち受けるのはいつものメンバーに加えサクラ園整備有志のみなさん、新入会のTさんと、寒さを吹き飛ばす大賑わいである。

 今日のプログラムはセレモニー主体のいつもと違い、子供たちの発案で渓の整備をもっとやりたいと、ハサミ班とノコギリ班に分かれて活動した。ハサミ班は丘の上、ササユリの群生地辺りに生い茂っているササを刈る。おじさんおばさんとお話ししながら実に楽しそうに刈り込んでいる。ノコギリ班は枯れ落ちた枝を短く切って片付ける作業、ポカポカ差し込む日差しを体いっぱいに浴びて楽しそうにノコを引いている。少しでも渓の整備に役立ちたいという子供たちの思いに胸が熱くなる。

 セレモニーはいつも通り楽しく進み、そのあと子供たちは渓でお弁当をいただいた。おじさんおばさんもおにぎりでお付き合い、エドヒガンもそんな心温まる交流のひと時を楽しく見下ろしているに違いない。

3月8日(金)松風幼稚園児、渓のお散歩 晴れ 9:40~12:00

 

松風園児:10名 先生3名 

渓のサクラを守る会:5名 

 昨日に予定した松風さんのお散歩であったが,お天気がはっきりしなくて順延したおかげで、とても良いお天気に恵まれて本当によかった。

 松風幼稚園児のお散歩は今回でピリオドが打たれる。H27年11月に初めてきて以来,毎年2~3回かわいいお散歩のお付き合いをして、私たちも楽しい思いをさせてもらったのだが、多田グリーンハイツ高齢化の波を受けて幼児が減少し続け,ついに閉園になる。淋しい思いでいっぱいです。

 いつものように渓をお散歩し、大岩にのぼり、川で石投げ・砂遊びを楽しみ、お弁当をいただき、折戸さん手製のペンダントを首にかけてもらって、元気よく帰っていった。

4月2日(月) 井戸知事来訪されました


昨年より11日早く満開(3月30日(金))


渓のサクラを守る会の「活動と感動」が詰まっている写真アーカイブサイトは

◀こちら!



昨年5月15日の森のコンサート